2x4工法について

概要

北米で生まれたツーバイフォー住宅 開拓者たちと乗り越えた、資材・天災・品質という厚い壁 技術は、時を経てさらに洗練された工法へ

19世紀はじめ、北米の西部開拓時代。次々と進んでゆく開拓と同時に、人々の悩みの種となったことが、
家作りの問題でした。腕のよい建築技術者や、資材が不足していたのです。

必要とされたのは、限られた資材で作ることができ、ハリケーンなどの災害にも耐え、しかもそれを建築技術者でなくても建てられるという厳しい条件をクリアする住宅。この切実な願いを実現するために生み出されたのが、2×4(ツーバイフォー)工法の原型となる「バルーン・フレーム工法」でした。

開拓者たちのニーズを見事クリアしたこの工法は、その後もより安全で快適な住まいとして進化を続けました。現在ツーバイフォー住宅といえば、アメリカ、カナダの木造住宅のうち、90%以上を占めるとされるほど普及しています。北米以外でも高い評価を得て、今ではすっかり住宅のグローバルスタンダードと呼べる存在となったのです。

明治時代に日本へ。四季と調和する木の力

 明治以来、日本で生き続ける建物 「木」の力 × 「2x4」で、 強くエコロジーな理想の住まいに
北海道の誇る観光名所、札幌の時計台。建設されたのは明治11年と、すでに築130年を超えています。
実はこの時計台こそ、日本の2×4住宅の先がけとも言える建物なのです。

明治時代に日本に渡った2×4住宅は、日本の伝統の工法である「軸組工法」と同じく木を使った木造住宅。新しい技術でありながら、従来の「人にやさしい」木造の特長を活かす工法であるため、日本の四季にもうまく対応することができたのです。

木の断熱性は鉄の約350倍といわれるほどで、この効果によって冬でも暖かく、夏は涼しいエコな住まいが誕生します。熱だけでなく湿度の調節作用も果たす、まさに「天然のエアコン」となるのが木材です。

そのほかにも注目される理由として、人気が高いのがリラックス効果。木が発散する香り成分"フィトンチッド"は森の香りの正体ともされ、心身のリフレッシュや癒しの効果を備えています。
もともとの木の力と、「2×4」工法の優れた特長が加わることで、強さと美しさを備えた住まいを実現するのです。

「2x4(ツーバイフォー)」の意味 高品質な住宅の基礎2インチ×4センチの木材が丈夫で快適なお住まいを作り上げます

「2x4(ツーバイフォー)」という呼び方は、どうしてされるようになったのでしょうか?
それはこの工法に使われる「構造用製材」、つまり家作りのために加工された木として、約2インチ×約4インチの木材がもっとも多く利用されるからです。

ツーバイフォー工法では資材の規格化が進んでおり、木材の一本一本に種別や等級を表すスタンプが押され、これが管理しやすく合理的な建設を行える下地となっています。