2x4工法について

メリット

耐久性 永く住む家には欠かせない、防湿・防腐・防蟻対策 思い出といっしょに、受け継がれていく家を目指して

住宅の大敵といえば、湿気・腐朽・蟻の被害など。永く暮らせるマイホームのためには、こちらの対策も欠かせません。2×4住宅でも、「長寿の住まい」を残すため、湿気・防腐・防蟻対策には力を注いで取り組んでいます。
そんな対策の一部をご紹介。また、住み始めてからのメンテナンスも見逃せません。

結露・湿気対策は長寿住宅の基本! 家造り用の資材には、日本農林規格に基づいた乾燥剤を、含有率19%以下で使用。湿気や結露を防ぎます。

床下の湿気対策に使われる防湿シートは、ポリエチレンフィルムなどを使って水蒸気をしっかりカット。基礎には換気口を設けて湿気を逃がします。最近では『ベタ基礎』と呼ばれる一体の鉄筋コンクリート造の方法が多く採られます。
▼ ベタ基礎
▼ 通気構造図

壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽・カビの繁殖など住まいの大きな問題となる要素です。ツーバイフォー住宅はこれを防ぐため、壁内に断熱材を充填して室内外の温度差を緩やかにし、結露の発生を抑えます。

断熱材の外側に通気層を設けることによる排水も、耐久性を高めるために一役買っています。

腐朽と蟻被害を防ぐために 床下には防湿シートが敷かれますが、その前に大事なのが防蟻剤の散布。そして土台となる木材には薬剤により防腐・防蟻処理を施した木材を使って耐久性を高めます。
▼ 工場での防腐・防蟻処理